Houdini 18 ライセンス新機能 FAQs


ライセンスサーバのデイジーチェーン

Houdini 18 でのライセンス管理システムは、チェーンと呼ばれる新しいライセンス構成をサポートしています。この構成により、ライセンスサーバ (sesinetd) のチェーン化が可能で、ライセンスサーバは、その構成 (ライセンス製品種類など) に基づいて分割できるようになりました。

チェーンリストの設定は、単一サーバを指定する代わりに、セミコロンで区切られたライセンスサーバのセットをリストします。リスト内の最初のサーバから接続が試みられ、何らかの理由で接続できない、コマンドが失敗したなどの場合に、次のサーバが試行され、それが繰り返されます。「hserver -S」コマンドラインを使用してリストを指定する場合、接続リストを引用符(")で囲んでください。 たとえば、hserver -S "sesinetd1; sesinetd2" など。

この設定には、18.0 移行の Houdini ライセンスサーバ (hserver) が必須です。 sesinetdと Houdini のバージョンに必要条件はありません。

ピーク使用量ログ

Houdini 18.0では、ライセンスの使用状況のモニタが可能になり、製品タイプごとのピークライセンス使用状況を計測し、ライセンス計画のための方法を提供しています。一定の間隔 (分、時間、または日) でピーク使用量を計測、さらにオプションでユーザデータもログファイルに出力可能で、各種形式でエクスポートでき、ニーズの拡大に応じた、ライセンスの追加購入の計画に使用できます。

使用ログのオプション

以下の各オプションは、ライセンスサーバ (sesinetd) オプションです。

-U interval (間隔) ログを有効にする唯一の必須オプションであり、このオプションを指定しないと、使用ログは有効になりません。間隔は "minute" (分)、 "hour" (時間)、 または "day" (日) のいずれかを指定します。

つまり、指定された間隔内で必要な情報 (その間隔のピーク使用量、ライセンスをチェックアウトした人など) を保持し、指定間隔終了時に発生した情報をログファイルに記録します。 ライセンスのピーク使用量が0の場合 (指定間隔内でライセンスが使われなかった場合) 、そのライセンスについては何も記録されないことに注意してください。間隔の開始は間隔の前方に繰り上げられますます。

例えば、interval (間隔) として "minute" が指定され、 AM11:00:52 から開始された場合、実際の間隔の開始はAM11:00:00 となり、間隔終了は AM11:01:00 で、この時点で記録されます。以降の間隔は、間隔の開始に基づき、最初の間隔がAM11:00:00 であれば、次は AM11:01:00 というように続きます。

-i file は、ログファイルの場所を指定します。デフォルトは、ライセンスファイルのある場所に「license_usage.bin」という名前ファイルが作られます。例えば、Linuxでは、デフォルトのパスは「/usr/lib/sesi/license_usage.bin」です。

-G は、時間間隔内でライセンスを使用したユーザを記録します。デフォルトでは、ユーザはログに記録されず、各ライセンスのPeak使用量のみがファイルに記録されます。

ログファイルのパーサーとその使用法が必要な場合は、サポートにお問い合わせください。

HTTP 通信対応

Houdini 18.0 では、ライセンスツールに http 通信サポートを追加しています。この新しい通信プロトコルの最大の利点は、通信の両端の変更に対する高弾力性です。 HTTP通信により、ユーザーは http リクエストが実行可能な任意言語 (Pythonなど) でライセンスサーバに問い合わせ可能です。 Houdini 18.0 のライセンスサーバ (sesinted) はすでにhttp通信に完全対応しているため、追加の設定は不要です。HoudiniServer (hserver) はデフォルトでは http を使用しません。

クライアント側 (hserver) でhttp 通信を有効にするには、コマンドラインに -C を追加するか、HoudiniServers オプションファイルに「enableHttp 1」を追加します。

18.0 の hserver からより包括的な診断出力が必要な場合は、「hserver -f -v」を実行します。このコマンドは、httpを使用して、hserverから可能な限り多くの情報を取得します。

sesictrlにも http 通信を可能にする新しいコマンドが追加されています。「sesictrl --help」を実行すると、使用可能なすべてのコマンドのリストが表示されます。