トラブルシューティング FAQs


ライセンスをインストールしましたが、 Houdini を実行できません。対処方法を教えてください。

インストールしたライセンスが実行しようとしている製品に対応しているかご確認ください。 メニューからプログラムを実行する場合には、 Base Houdini (旧 Escape) は ‘Houdini’ を、 Houdini FX (旧 Master) は ‘Houdini FX’ を選択します。 コマンドラインから実行する場合には、 Base Houdini は ‘basehoudini’ を、 Houdini FX は ‘houdinifx’ を入力します。 ‘houdini’ を入力すると、 まず最初に Houdini FX を、次に Base Houdini のライセンスを検索し、インストールしたライセンスに対応したプログラムを実行します。

ライセンスを紛失してしまいました。再取得する方法を教えてください。

ライセンスファイルの消去やディスクの再フォーマット、オペレーティングシステムの再インストール等を行った場合、ライセンスキーはコンピュータから削除されますので、以下のいずれかの方法で再取得する必要があります:

Apprentice をご使用のお客様:

ソフトウェアをダウンロードし、インストールします。 Houdini を起動する際に、非商用ライセンスのインストールを求めるプロンプトが表示されます。

商用ライセンス、 Houdini Indie をご使用のお客様:

同一マシンへのライセンスの再インストール

インターネットに接続しているコンピュータ上で License Administrator を実行する場合:

  1. License Administrator を起動します
  2. File > Install Licenses... を選択し、ログインします
  3. ダイアログウィンドウ内の "Licenses" タブを開きます
  4. 再インストールするライセンスのチェックボックスを選択します (このテーブルには、ご使用のコンピュータ名に一致する紛失ライセンスのうち、有効期限の満了していないものが全て表示されます)
  5. サーバーキーも紛失した場合に備えて、 "reinstall the SERVER key" のチェックボックスにもチェックを入れてください
  6. install ボタンを押します

以上で、選択されたライセンスがご使用のコンピュータに再インストールされます。

インターネットに接続されていないコンピュータ上で License Administrator を実行する場合は、ライセンスキーをマニュアル操作で再インストールする必要があります:

  1. ご使用ライセンスのユーザネームとパスワードで http://license.sidefx.com にログインします。
  2. Manage Licenses でライセンスを必要とするマシンを検索します。 ライセンス履歴でライセンスがインストールされているマシンを確認してください。 それぞれのライセンス ID (左端列) にはリンクが貼られていますのでご注意ください。
  3. License ID をクリックし、キー文字列が表示されたポップアップウィンドウを開きます。
  4. License Administrator を起動し、 File > Manually Enter Keys を選択します。各文字列をコピーペーストし、1行ずつ入力してください。マシン1台につき必要なサーバー文字列は1つのみです。文字列は、 SERVER, LICENSE, EXTEND, UPGRADE または INCREMENTで始まります。

ライセンスファイルの復元方法としては、ライセンスファイルを作成して文字列をコピーペーストし、そのファイルをマシンにインストールする方法もあります。

ライセンスファイルの保存先は以下の通りです:

  • Windows: C:\Windows\keys\licenses
  • Linux: /usr/lib/sesi/licenses
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/licenses

ファイル名に拡張子 (.txtなど) を付けないでください。

異なるマシンへのライセンスの再インストール

マシンの交換により (旧マシン名で認証を受けた) ライセンスを復元する必要がある場合は、以下の手順に従ってください:

  1. 新しいマシンの名前を、ライセンスの発行を受けた旧マシン名に変更し、必要に応じて再起動してください。Houdini License Administrator (ライセンスアドミニストレータ) (別名:hkey) を起動します。File > Change License Server を開き、サーバ名とライセンスの発行を受けたマシン名が一致しているか確認してください。一致していない場合は変更します。
  2. 上記の、 「同一マシンへのライセンスの再インストール」 の手順に従ってください。

ライセンスキーが自動的に再インストールされ Houdini が問題なく起動すれば、完了です。新しいコンピュータの名前を変更する場合は、以下の手順に従ってください。

ライセンスキーをマニュアル操作で再インストールした場合は、サーバコードが無効なため、新しいマシンでライセンスを使用することができません。サーバコードはマシン毎に異なるため、マシンを変更するとサーバコードも変更になります。その場合は、以下の手順に従ってライセンスを返却し、再びライセンスの再インストールを行ってください。これにより、適切なサーバコードを使用して有効なサーバーキーを再インストールします。

  1. お持ちのライセンスを Side Effects Software にご返却ください(ライセンス管理 FAQの 「ライセンスの返却方法は?」 を参照) 。
  2. ライセンスファイルを新しい名前 (例、licenses.old) に変更します。 「ライセンスファイルはどこにありますか?」の項目をご参照ください。
  3. マシン名を変更する場合は変更し、必要に応じて再起動してください。変更しない場合は、そのまま次の手順に進みます。
  4. 返却ライセンスを再インストールします。これにより、新しいマシン用の新たなサーバーキーが生成され、インストールされます。

以上で Houdini を起動する準備が整いました。

異なるサブネット上のクライアントが、サーバからライセンスを取得する方法を教えてください。

ライセンスIPマスクがご使用のネットワークタイプ (class B、class C、あるいは指定したサブネットのリスト) と一致しているか確認してください。一致していない場合は、販売代理店にお問い合わせください。キーを再発行するための、ライセンスの返却についてご説明いたします。

ライセンスの取得には、2つの手順が必要です。1つ目はライセンスの実際の 「チェックアウト」 で、これはインストールされたライセンスの IP マスクによって処理されます。2つ目はライセンスサーバ自体からのライセンスの読み込みです。これはライセンスサーバ上の sesinetd.options ファイルによって制御されます。

このファイルには以下を含める必要があります:

-V 2 -z 250000 -m

他のオプションの追加も可能です (その場合はすべてを1行に収めてください)。

例: 192.168.. と 10.1.. の2つのサブネットを持つサイトの場合

ライセンスサーバ上の sesinetd.options ファイルには以下が含まれます:

-V 2 -z 250000 -m +.+. * . * ,192.168. * . * ,10. . . * ,172. * . * . *

これにより、両方のサブネット上のクライアントが (文字列の IP マスクを通じて) ライセンスをチェックアウトし、ライセンス サーバから (sesinetd.options ファイルを通じて) ライセンスを読み込むことができるようになります。

sesinetd.options ファイルの保存先は以下の通りです:

  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Windows: C:\Windows\System32 (このファイルを最初に作成し、この場所に保存してください)
  • Mac: /Library/Frameworks/Houdini.framework/Versions/9.x.x/Resources/houdini/sbin

sesinetd の動作制御に関する詳細については、 www.sidefx.com -> サポート -> FAQs -> ライセンス管理 FAQ をご参照ください。

http://license.sidefx.com にログインできません。

ライセンス発行ログインと www.sidefx.com (フォーラム、ソフトウェアのダウンロード) へのログインは別のものです。 Side Effects Software よりお送りしたユーザ名 (eメールアドレス) とパスワードが記載された E メールをご確認ください。パスワードをお忘れの場合は、 http://license.sidefx.com で "Login" をクリックし、パスワードを再設定していただくか、担当代理店にご連絡いただき、ログインの再設定手続きを行ってください。その際、ご登録いただいている E メールアドレスからのご連絡をお願いいたします。

ライセンスはどこに置かれるのでしょうか?

ライセンスはこちらに置かれます:

  • Windows: C:\Windows\keys\licenses
  • Linux: /usr/lib/sesi/licenses
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/licenses

ファイルの名前に拡張子(例:.txt)等を追加しないでください。

ライセンスのインストール中に License Administrator がクラッシュしてしまいました。ライセンスをインストールし直そうとすると、「権限がありません」というメッセージが表示され、インストールを実行できません。対処方法を教えてください。

License Administrator は、インストールされた既存ライセンスを返却して紛失ライセンスを再インストールし、新しい Entitlement (ライセンスの所有権) を回復することができます。ライセンスのインストール中に License Administrator がクラッシュした場合、ご使用アカウントのライセンスは回復済みと認識されてしまいます。 回復とは、任意のコンピュータに既にインストールされた Entitlement (ライセンスの所有権) が、特定のコンピュータに限定された実際のライセンス (ライセンスキー) に関連付けられ、変換されたということを意味します。

このような場合には、「ライセンスを紛失してしまいました。再取得する方法を教えてください。」をご参照ください。

商用ライセンスを購入しました。 永久ライセンスだと思っていたのですが、数週間で失効してしましました。

お支払の確認ができた時点で、現行のライセンスを延長するかたちで永久ライセンスが発行されます。ご不明な点につきましては担当営業にご連絡いただくか、代理店までお問い合わせください。

ライセンスをインストールしたのですが、クライアントがライセンスをチェックアウトできません。対処方法を教えてください。

まず、ライセンスのネットマスクがご使用のネットワーク環境に対応しているかご確認ください。 ネットマスクは、 Side Effects Software によってデフォルトで Class C ネットワーク (+.+.+.*) に設定されています。

また、 IP アドレスやホスト名から、クライアントがライセンスサーバを認識 (ping) できる状態であるかどうかも確認してください。

例えば、

ping ホスト名 (ホスト名はライセンスサーバの名前に置き換えます)

また、

ping IP アドレス (IP アドレスはライセンスサーバの IP アドレスに置き換えます)

Linux の場合、 /etc/hosts ファイルを確認してください。 localhost の記述行に余分な文字や空白を入れないようにご注意ください。ホスト名をリストする場合は、 localhost の IP アドレス (127.0.0.1) と重ならないようにご注意ください。

つまり、次のような記述は避けてください:

127.0.0.1 localhost.localdomain localhost myhostname

また、下記のよう記述も問題につながります:

127.0.0.1 localhost

127.0.0.2 yourmachinename

このような記述は、ライセンスサーバがユーザのマシン上で稼働する場合は特に問題になりませんが、リモートサーバからライセンスを取得するマシンでは、ライセンスを取得できなくなることがあります。

上記のような記述は、 /etc/hosts を下記のように編集してください:

127.0.0.1 localhost.localdomain localhost

192.168.x.x yourmachine.yourdomain yourmachine

192.168.x.x は御社内固有のマシンのアドレスです。

License Administrator (hkey) から "Invalid Server Key" というメッセージが表示されます。対処方法を教えてください。

これは、ライセンスファイルのSERVER行が無効であることを示すもので、ライセンスのホストマシンのハードウェア構成に変更があった場合に発生することがあります。この問題を解決するには、一度ライセンスを返却し (ライセンスの返却方法については、 ライセンス管理 FAQ をご参照ください)、その後、ライセンスファイルの名前を "licenses.old" などに変更、あるいはライセンスファイルを編集して無効にしてください。ライセンスの返却により、ご使用のアカウントに Entitlement (ライセンスの所有権) が新たに発行されます。同一マシンにログインし、この Entitlement と引き換えることで SERVER キーとともにライセンスが発行されます。

ライセンスファイルの保存先は以下の通りです:

  • Windows: C:\Windows\keys\licenses
  • Linux: /usr/lib/sesi/licenses
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/licenses

ファイル名に拡張子 ( .txtなど ) を付けないでください。

"Unable to connect to hserver for licence acquistion" というエラーメッセージが表示された場合の対処方法を教えてください。

これは、クライアントヘルパープログラムの hserver が動作していないことを示すものです。

Windows では、コントロールパネル > 管理ツールで Services を開き、 HoudiniServer がサービス項目として表示され、開始しているかどうかを確認してください。表示されない場合は、 hserver.exe が C:\Windows\system32 にあるかどうかを確認してください。

Linux では、プロセスリストに hserver が表示されているかどうかを確認してください。表示されていない場合には、 Houdini の作業環境をソースしてから、 hserver と入力し実行します。

Houdiniでは、 Houdini ライセンスサーバ (sesinetd.exe) と Houdini ライセンスクライアント (hserver.exe) によりライセンス認証の確認を行います。 TCP/IP を使用してこうしたプロセスと通信し、通信に支障があるとエラーメッセージを表示します。 Houdini が hserver に接続できない原因として、以下のことが考えられます。

  • Houdini ライセンスサーバ (sesinetd/sesinetd.exe) が動作していない
  • Houdini ライセンスクライアント (hserver/hserver.exe) が動作していない
  • ポート 1714 、 1715 がファイアウォールによって遮断されている
  • ライセンスサーバとライセンスクライアントを同じマシンにインストールして使用する場合、管理者権限 (root 、または管理者アカウント) でHoudiniをインストールしていない
ライセンスサーバの再起動後、クライアントがライセンスを取得できなくなってしまいました。対処方法を教えてください。

ライセンスサーバの IP アドレスが固定され、すべてのアドレスが正しく解釈されていることを確認してください。

ライセンスサーバのマシンが DHCP でネットワークに接続していると、ライセンスの供給が効率的に行えません。固定 IP アドレスを持つライセンスサーバへライセンスを移行するか、ライセンスサーバの IP アドレスを固定してください。

Linux で KDE を使用しているのですが、 Houdini が起動時にフリーズしてしまいます。スプラッシュやダイアログは表示されません。

原因として、 KDEConnect と Houdini のライセンス ツール間のネットワークポート ( ポート 1714 と 1715 ) でコリジョンが発生していることが考えられます。

以下を実行して、バックグラウンドプロセスを確認してください : ps -C kdeconnectd

KDE の実行にインストールパッケージは必要ありませんので、安全な場所に移動してください。 Debian ベースの Linux システムでは、以下のコマンドを実行してパッケージの移動を行ってください :

# do a dry-run first
sudo apt-get purge -s kdeconnect-plasma
# then, really remove the package
sudo apt-get purge kdeconnect-plasma/

マシンを再起動するか、または以下のコマンドをマニュアルで入力して、バックグラウンド プロセスを kill します: killall kdeconnectd

これで Houdini を起動させることができます。

コンソールに 、「 NT_GeneratorThread::queueEvent eventqueuefull.Event dropped 」というエラーメッセージが表示されるのはなぜですか?

このメッセージは、古いグラフィックカードが使用されている場合に表示されます。対処方法として、以下の環境変数により、ハードウェア OpenGL の代わりにソフトウェア OpenGL を使用するように設定します :

HOUDINI_OGL_SOFTWARE = 1

ライセンス認証時に発生するトラブルの対処方法を教えてください。

ライセンス認証時にトラブルが発生した場合には、以下の手順で対応します:

  1. Houdini License Administrator (hkey) を起動します
  2. Viewメニューから、 "Diagnostic Information" を選択します
  3. ファイルを保存し、メールに添付して担当代理店に送付してください

グラフィック ディスプレイを使用していない場合は、コマンドラインに "sesictrl -f > file" と入力してください。

ファイルをメールに添付して担当代理店に送付してください。

sesictrl には以下の手順でアクセスします:

Windows:

  1. スタートメニューを表示します
  2. Side Effects Software を開きます
  3. Houdini 14.x.x を起動します
  4. Command Line Tools 選択します
  5. sesictrl から "sesictrl -f > file" を実行します

Linux:

  • ターミナルから、 Houdini のインストール先に移動します。
  • "source houdini_setup" と入力します。
  • sesictrl から "sesictrl -f > file" を実行します。

Mac:

/Library/Frameworks/Houdini.framework/Versions/14.x.x/Resources/houdini/sbin/sesictrl を実行します

または、

  1. メイン システム ドライブ (Macintosh HD) の Applications フォルダに移動します。
  2. Houdini 14.x.x を起動して、 Houdini Shell.terminal プログラムをダブルクリックし、 Houdini の作業環境をソースします。 sesictrl から "sesictrl -f > file" を実行します。
この FAQ 以外に、 Houdini に関する情報はありますか?

以下をご参照ください:

Odforce (英語)

Houdini Forum (英語)

サルにもわかる Houdini