Houdini 18.0 Pythonスクリプト hou

hou.Geometry class

3Dジオメトリ形状を定義したポイントとプリミティブを含んだGeometryオブジェクト。例えば、Houdiniの各SOPは単一のGeometryオブジェクトを生成します。

On this page

hou.SopNode.geometry()を通じてSOPにジオメトリを求めた場合、それの読み取り専用の参照が取得されます。 SOPが再クックされると、それに相当するGeometryオブジェクトは、そのSOPの新しいジオメトリに更新されます。 SOPを削除した後にGeometryオブジェクトにアクセスすると、hou.ObjectWasDeletedの例外が発生します。 ジオメトリの修正を試みるメソッドをコールすると、それらのメソッドは、hou.GeometryPermissionErrorの例外を引き起こします。

SOPが再クックされた時にジオメトリを更新させたくないのであれば、hou.Geometry.freeze()をコールします。 フリーズは、SOPが再クックされても変わらない他のGeometryオブジェクトを返します。 フリーズしたGeometryにアクセスした方が若干高速です。 その理由は、Houdiniがアクセスする度にSOPノードを探す必要がないからです。 そのため、速度が重要な処理に対してはフリーズしたジオメトリを使用した方が良いです。

Pythonを使用してSOPを記述している場合、そのジオメトリは読み-書きのアクセスを持ち、フリーズされます。 Python定義のSOPを作成するには、 File ▸ New Operator Type… を選択して、 Code タブにPythonコードを配置します。

最後にhou.Geometryのインスタンスを作成することで、読み-書きのアクセス権を持った新しいフリーズジオメトリを割り当てることができます。

ジオメトリの修正

Houdini18以降、他のHOMメソッドに渡されたクッキング外のジオメトリを修正するには、その修正カウンターを増分させるだけでなく、該当する適切なデータIDを増分させる必要があります。 これは、特に、このジオメトリをhou.SopVerb.execute()などに渡して処理させる場合に、そのメソッドがデータIDの最適化を使用するので重要です。 データIDを上げる最も簡単な方法は、hou.Geometry.incrementAllDataIds()をコールすることです。 しかし、以下にリストした具体的なメソッドを使用することで、最高のパフォーマンスを得ることができます: hou.Geometry.incrementDataIdsForAddOrRemove(), hou.Geometry.incrementPrimitiveIntrinsicsDataId(), hou.Geometry.incrementTopologyDataId(), hou.Attrib.incrementDataId(), hou.PointGroup.incrementDataId(), hou.PrimGroup.incrementDataId(), hou.EdgeGroup.incrementDataId(), hou.VertexGroup.incrementDataId(), hou.Geometry.incrementModificationCounter().

Python SOP内でジオメトリを修正すると、ジオメトリ変更カウンターだけでなく、すべてのデータIDも自動的に増分されます。 データIDの自動増分を無効にするには、hou.SopNode.setManagesAttribDataIds()Falseでコールします。 ジオメトリ変更カウンターの増分を無効にすることはできず、SOPノードがクックされる度に常に増分しなければならないことに注意してください。 どうすべきか迷っているなら、hou.SopNode.managesAttribDataIds()をデフォルトのFalseのままにするのが良いでしょう。 そうしないと、ジオメトリに変更が起きた時に、出力ジオメトリを使用する側(例えば、ビューポート)で更新に失敗してしまう危険性があります。

メソッド

アトリビュート

Intrinsics(組み込み)

データ変更

平均

作成

削除

グループ

フリーズ

ノード

ポイント

エッジ

プリミティブ

頂点

データ

トランスフォーム

ループ

選択

See also

hou

Animation

Digital assets

  • hou.HDADefinition

    Houdiniデジタルアセット(HDA)の定義を表現します。

  • hou.HDAModule

    デジタルアセットに保存またはデジタルアセットからアクセスされる関数、クラス、定数を含んだユーザ定義のPythonモジュール。

  • hou.HDAOptions

    Houdiniデジタルアセット(HDA)に関する色々なオプションを格納しています。

  • hou.HDASection

    デジタルアセットに保存されたデータの"section"を表現します。

  • hou.HDAViewerStateModule

    デジタルアセット内に保存されたPython Viewerステートの実装と登録のコードを含んだユーザ定義Pythonモジュール。

  • hou.hda

    Houdiniデジタルアセットに関連した関数を含んだモジュール。

  • hou.hdaDefinition()

    ノードタイプカテゴリ、オペレータ名、デジタルアセットライブラリパスを指定すると、HDADefinitionオブジェクトを返します。その引数に一致するデジタルアセット定義が存在しなければNoneを返します。

  • hou.hdaEventType

    デジタルアセットライブラリで起こり得るイベントタイプの列挙。

  • hou.hdaLicenseType

    デジタルアセットライセンス許可レベルの列挙型。

Channels

  • hou.ChannelEditorPane

  • hou.ChannelGraph

  • hou.ChannelGraphSelection

    Animation Editor Graph Selectionのコピー。

  • hou.ChannelList

    Channel ListまたはAnimation Editorからのチャンネルのリストのコピー。

  • hou.ChopNode

    CHOPノードを表現したクラス。

  • hou.Clip

    アニメーションクリップを表現したクラス。

  • hou.Track

  • hou.bezier()

    左側のキーフレームの出力値/接線/加速度と右側のキーフレームの入力値/接線/加速度を使ったアニメーションパラメータ用のBezier補間スプラインを評価します。

  • hou.commitPendingKeyframes()

  • hou.constant()

    アニメーションパラメータ用のアニメーション関数を評価します。戻り値は常に左側のキーフレームの出力値です。

  • hou.cubic()

    左側の出力スロープと右側の入力スロープ間の滑らかなカーブ。

  • hou.cycle()

    2つのフレームの間のモーションを繰り返します。

  • hou.cycleoffset()

    2つのフレームの間のモーションを、最初に繰り返す値を左側のキーフレーム値に追加しながら、繰り返します。

  • hou.cycleoffsett()

    2つの時間の間のモーションを、最初に繰り返す値を左側のキーフレーム値に追加しながら、繰り返します。

  • hou.cyclet()

    2つの時間の間のモーションを繰り返します。

  • hou.ease()

    左側のキーフレームの出力値と右側のキーフレームの入力値の間を補間します。

  • hou.easein()

    左側のキーフレームの出力値と右側のキーフレームの入力値の間を補間します。

  • hou.easeinp()

    2つのキーフレームの値の間を補間します。

  • hou.easeout()

    左側のキーフレームの出力値と右側のキーフレームの入力値の間を補間します。

  • hou.easeoutp()

    2つのキーフレームの値の間を補間します。

  • hou.easep()

    2つのキーフレームの値の間を補間します。

  • hou.linear()

    左側のキーフレームの出力値と右側のキーフレームの入力値の間を線形的に補間します。

  • hou.match()

    左側のキーフレームの入力のスロープと右側のキーフレームの出力のスロープの間に滑らかなカーブを作成します。

  • hou.matchin()

    左側のキーフレームの入力のスロープに合わせながら、左側のキーフレームの入力の値から直線を作成します。

  • hou.matchout()

    右側のキーフレームの出力のスロープに合わせながら、右側のキーフレームの出力の値から直線を作成します。

  • hou.qlinear()

    クォータニオンを使ってキーフレーム間を線形的に補間します。

  • hou.quintic()

    左側のキーフレームの出力のスロープとアクセラレーションと右側のキーフレームの入力のスロープとアクセラレーションを使って、左側の出力値と右側の入力値の間を滑らかなカーブにするアニメーションパラメータ用の補間関数を評価します。

  • hou.repeat()

    2つのフレームの間のモーションを繰り返します。

  • hou.repeatt()

    2つの時間の間のモーションを繰り返します。

  • hou.spline()

    連続するキーフレーム値を通過するようにスプラインを合わせます。

  • hou.vmatch()

    入力と出力の値とスロープを一致させます。

  • hou.vmatchin()

    左側のキーフレームの入力のスロープに合わせます。

  • hou.vmatchout()

    右側のキーフレームの出力のスロープに合わせます。

Cooking

  • hou.setUpdateMode()

    ステータスバーに表示されているHoudiniのクック更新モード(Auto Update/On Mouse Up/Manual)を返します。

  • hou.updateMode

    インターフェースアップデートモードの列挙型。

  • hou.updateModeSetting()

    ステータスバーに表示されているHoudiniのクック更新モード(Auto Update/On Mouse Up/Manual)を返します。

Crowds

Dynamics

Exceptions

File I/O

  • hou.fileReferences()

  • hou.findDirectories()

    Houdiniパスから指定したディレクトリを検索して、すべてにマッチしたパスをタプルで返します。指定するディレクトリ名はHoudiniディレクトリの相対パスを指定します。

  • hou.findDirectory()

    Houdiniパスから指定したディレクトリを検索して、最初に見つかったパスを返します。指定するディレクトリ名はHoudiniディレクトリの相対パスを指定します。

  • hou.findFile()

    Houdiniパスから指定したファイルを検索して、最初に見つかったファイルを返します。指定するファイル名はHoudiniディレクトリの相対パスを指定します。

  • hou.findFiles()

    Houdiniパスから指定したファイルを検索して、すべてにマッチしたファイルをタプルで返します。指定するファイル名はHoudiniディレクトリの相対パスを指定します。

  • hou.findFilesWithExtension()

    Houdiniパスで特定の拡張子のファイルを検索し、一致したファイルすべてのタプルを返します。 オプションでサブディレクトリを指定することができ、ファイルを検索する前にそれがHoudiniパスのエントリに追加されます。

  • hou.homeHoudiniDirectory()

    $HOMEディレクトリ内のHoudiniディレクトのパスを返します。

  • hou.houdiniPath()

    Houdini Pathの内容を文字列のタプルとして返します。

  • hou.loadCPIODataFromString()

    CPIOデータフォーマットのデータを含んだ文字列を指定すると、データが復元されて、データを表現した(名前,値)の組のシーケンスを返します。

  • hou.loadIndexDataFromFile()

    インデックスデータフォーマットのデータを含んだファイルを指定すると、データが復元されて、データを表現した辞書を返します。

  • hou.loadIndexDataFromString()

    インデックスデータフォーマットのデータを含んだ文字列を指定すると、データが復元されて、データを表現した辞書を返します。

  • hou.readFile()

    ファイルを読み込み、文字列でその内容を返します。標準のファイル、opdef:とoplib:のパス、httpのURLに対応しています。

  • hou.saveCPIODataToString()

    (name, value)文字列タプルのシーケンスを指定して、データをCPIOフォーマットの文字列に暗号化します。

  • hou.saveIndexDataToFile()

    文字列から文字列へのマッピングの辞書を指定して、indexデータフォーマットで、そのデータを暗号化して、ファイルに保存します。

  • hou.saveIndexDataToString()

    文字列から文字列へのマッピングの辞書を指定して、インデックスデータフォーマットで、そのデータを文字列に暗号化します。

General

  • hou.EnumValue

    このクラスは列挙値用の基底クラスです。これはインスタンス化できません、つまり、直接ユーザが使用できないことを意味しています。

  • hou.InterruptableOperation

    このクラスを使ってPythonコードブロックを中断可能な処理にします。

  • hou.RedrawBlock

    このクラスを使って、Pythonコードブロック用の複数の再描画を集めて、一度だけ再描画します。

  • hou.UndosDisabler

    このクラスを使って、Pythonコードブロック内のundoを無効にします。

  • hou.UndosGroup

    Pythonコードブロック内のすべてのundoを単一のアクションにグループ化するために使います。

  • hou.allowEnvironmentToOverwriteVariable()

    環境変数がhipファイルに保存したグローバル変数の値を上書き可能(または上書き不可)にします。

  • hou.almostEqual()

    2つの数値を比較して、それらの値を浮動小数点として見なした時に、ほぼ等しいならTrueを返します。

  • hou.appendSessionModuleSource()

    指定したソースコードをhou.sessionモジュールに追加します。追加したコードはすぐに利用可能になります。hou.sessionを再度インポートする必要はありません。

  • hou.applicationCompilationDate()

    アプリケーションをコンパイルした日付を返します。

  • hou.applicationName()

    アプリケーションの名前を返します。

  • hou.applicationPlatformInfo()

    Houdiniのこのバージョンをコンパイルしたシステムに関する情報を含む文字列を返します。

  • hou.applicationVersion()

    アプリケーションのバージョン番号を整数のタプル(major_version, minor_version, build_version)として返します。

  • hou.applicationVersionString()

    アプリケーションのバージョン番号を文字列として返します。

  • hou.audio

    Houdiniのプレイバーを使ったオーディオの再生に関連した関数。

  • hou.chopExportConflictResolutionPattern()

    同じチャンネルをエクスポートする時に優先されるCHOPノードパスパターンを返します。

  • hou.exit()

    Houdiniを終了して、オペレーティングシステムに終了コードを返します。suppress_save_promptがfalseなら、この関数は、ユーザに保存するかどうか尋ねます。ユーザが"Cancel"を押すと、終了をキャンセルして、次のステートメントが実行されます。

  • hou.hipFile

    現行シーン(.hip)ファイルを扱う関数。

  • hou.hipFileEventType

    コールバック関数によって制御可能なhipファイルイベントタイプの列挙。

  • hou.hmath

    数学関数に関連したHoudiniのモジュール。

  • hou.hotkeys

    ホットキー関連の関数を含んだモジュール。

  • hou.isApprentice()

    アプリケーションがApprentice(非商用)バージョンかどうか返します。

  • hou.licenseCategory()

    使用中のライセンスのカテゴリ(商用、Apprentice、Indieなど)を返します。

  • hou.licenseCategoryType

    ライセンスカテゴリ値の列挙型。

  • hou.machineName()

    このHoudiniセッションで使用されているコンピュータの名前を返します。

  • hou.maxThreads()

    処理で使用するスレッドの数を返します。

  • hou.numericData

    数値タイプの列挙値。

  • hou.patternMatch()

    文字列のパターンに一致します。

  • hou.releaseLicense()

    現在掴んでいるHoudiniのライセンスを解放します。

  • hou.saveMode

    HIPファイル保存モードの列挙型。

  • hou.scaleFromMKS()

    Meters-Kilograms-Seconds単位をHoudiniセッションの現行単位に変換するスケール係数を返します。

  • hou.scaleToMKS()

    Houdiniセッションの現行単位をMeters-Kilograms-Seconds単位に変換するスケール係数を返します。

  • hou.session

    このモジュールは、現行のHoudiniセッション内からコールすることができる独自のクラス、関数、変数を定義するために使用します。このモジュールの内容は.hipファイルに保存されます。

  • hou.sessionModuleSource()

    hou.sessionモジュールの内容を返します。

  • hou.setChopExportConflictResolutionPattern()

    同じチャンネルをエクスポートする時に優先されるCHOPノードパスパターンを設定します。

  • hou.setMaxThreads()

    マルチプロセッシング用に使用するスレッドの最大数を設定します。

  • hou.setSessionModuleSource()

    hou.sessionモジュールの内容を設定します。新しい内容は直ぐに利用可能です。hou.sessionを再度インポートする必要はありません。

  • hou.startHoudiniEngineDebugger()

    セッションが現在アクティブになっていない場合にHoudiniでHoudini Engineデバッグセッションを開始します。

  • hou.updateProgressAndCheckForInterrupt()

    廃止予定: InterruptableOperationを使用してください。

  • hou.userName()

    現行Houdiniセッションのユーザ名を返します。

Geometry

  • hou.Attrib

    このクラスは、ジオメトリアトリビュートに関する情報を格納します。

  • hou.AttribDataId

    ジオメトリの内容が変わったタイミングを検知する際に使用します。

  • hou.Edge

    各EdgeオブジェクトがGeometryオブジェクト内に存在し、エッジを保存します。エッジはポイントの組として表現します。

  • hou.EdgeGroup

    Geometryオブジェクト内のエッジの名前が付いたグループ。

  • hou.Face

    フェースは、一連の頂点(Vertexオブジェクト)を含んだジオメトリプリミティブ(Primオブジェクト)の一種です。これらの頂点はフェースのタイプに応じて使われ方が異なります。ポリゴンなら、頂点を使ってポリゴンのエッジを定義し、NURBSカーブなら、頂点を制御点として使用します。

  • hou.Geometry

    3Dジオメトリ形状を定義したポイントとプリミティブを含んだGeometryオブジェクト。例えば、Houdiniの各SOPは単一のGeometryオブジェクトを生成します。

  • hou.GeometryDelta

    Geometry Deltaは、Edit SOPなどの一部のジオメトリノードで保存されているジオメトリの差分(デルタ)にアクセスすることができます。

  • hou.IndexPairPropertyTable

    index pairアトリビュートのプロパティを記述します。

  • hou.PackedFragment

    パックフラグメントプリミティブ。

  • hou.PackedGeometry

    パックジオメトリプリミティブ。

  • hou.PackedPrim

    パックプリミティブ。

  • hou.Point

    ポリゴンやNURBSサーフェスなどのジオメトリプリミティブ上のポイントを表現します。

  • hou.PointGroup

    Geometryオブジェクト内のポイントの名前が付いたグループ。

  • hou.Polygon

    ポリゴンは直線で接続した頂点で構成されたフェースの一種です。

  • hou.Prim

    各PrimがGeometryオブジェクト内に存在し、ポリゴン、NURBSカーブ、ボリュームのようないくつかの種類の3Dジオメトリプリミティブを格納しています。各プリミティブは通常では、Pointオブジェクトを参照するVertexオブジェクトのセットを含んでいます。

  • hou.PrimGroup

    Geometryオブジェクト内のプリミティブの名前が付いたグループ。

  • hou.Quadric

    Quadricとは、2次多項式(例えば、球や円柱)で定義した3次元サーフェスを表現した一種のジオメトリプリミティブ(Primオブジェクト)のことです。

  • hou.Selection

    ジオメトリコンポーネント選択を表現したクラス。

  • hou.SopNode

    サーフェスノードを表現します。

  • hou.SopVerb

    サーフェスノードのコードを表現します。

  • hou.Surface

    Surfaceとは、頂点(Vertexオブジェクト)の2次元グリッドを含む一種のジオメトリプリミティブ(Primオブジェクト)のことです。これらの頂点は、サーフェスのタイプによって使われ方が異なります。例えば、メッシュの場合は頂点を使って四辺のメッシュを定義し、NURBSの場合は制御点として頂点を使用します。

  • hou.VDB

    VDBとはボクセルの3次元グリッドにデータを格納する一種のジオメトリプリミティブ(Primオブジェクト)のことです。

  • hou.Vertex

    Geometryオブジェクト内に存在し、Vertexオブジェクトは1つのPrimだけに含まれていて、1つのPointだけを参照します。

  • hou.VertexGroup

    Geometryオブジェクト内の頂点の名前が付いたグループ。

  • hou.Volume

    Volumeとはボクセルの3次元配列を格納する一種のジオメトリプリミティブ(Primオブジェクト)のことです。

  • hou.attribData

    アトリビュートデータタイプの列挙型。

  • hou.attribType

    ジオメトリアトリビュートタイプの列挙型。

  • hou.componentLoopType

    コンポーネントループタイプの列挙型。

  • hou.geometryType

    ジオメトリコンポーネントタイプの列挙型。

  • hou.primType

    プリミティブタイプの列挙型。

  • hou.vdbData

    ボクセルデータタイプの列挙型。

Images

  • hou.CompositorViewer

    コンポジットビューペインを表現した最小クラス。

  • hou.CopNode

    コンポジットノードを表現します。

  • hou.imageDepth

    画像平面内のピクセルを表現するための画像デプス(データフォーマット)の列挙型。

  • hou.imageResolution()

    ファイルの画像の解像度を返します。

  • hou.saveImageDataToFile()

    カラーとアルファのピクセルデータから画像ファイルを作成します。

Nodes

  • hou.IndirectInput

    同じネットワーク内のノードの入力として使用可能なネットワークアイテムの抽象基本クラス。これはノードそのものではありません。

  • hou.LopNetwork

    ライティングノードを表現します。

  • hou.LopNode

    ライティングノードを表現します。

  • hou.NetworkDot

    ネットワーク内のワイヤーを通過するデータに影響を与えることなくそのワイヤーを特定のパスに中継させることができる小さなドット。

  • hou.NetworkItem

    ネットワーク内のすべての可視エレメントの基本クラス。

  • hou.NetworkMovableItem

    ノード、ネットワークボックス、ステッキーノートなどのネットワーク内のすべての可視エレメントの基本クラス。

  • hou.Node

    Houdiniのすべてのノード(オブジェクト、SOP、COPなど)用の基底クラス。このクラスのインスタンスは、まさにHoudiniのノードのインスタンスに該当します。

  • hou.NodeConnection

    2つのノード間の接続(ワイヤー)を表現します。

  • hou.NodeInfoTree

    ノードとそれが生成するデータに関する情報が含まれるように設計されたツリー構造。

  • hou.NodeType

    ノードのタイプのインスタンスすべてに共通の情報。例えばパラメータ。

  • hou.PopNetNode

  • hou.PopNode

    パーティクルノードを表現します。

  • hou.SopNodeType

    この種のNodeTypeにはSOPノード固有のアトリビュートが追加されています。

  • hou.SubnetIndirectInput

    サブネット内に存在し、サブネットに接続されたノードに相当するノードのようなアイテム。

  • hou.TopNode

    タスクノードを表現します。

  • hou.VopNetNode

  • hou.appearanceChangeType

    ノードで起こすことができる外観を変化させるイベントのタイプの列挙型。

  • hou.cd()

    現行ノードを変更します。Houdiniには、ファイルシステムの現行ディレクトリと同じように現行ノードがあります。相対パスを指定すれば、hou.pwd()で返されるノードが相対パスの基準になります。

  • hou.clearAllSelected()

    Houdiniセッション内のノード、ネットワークボックス、hou.NetworkMovableItemの他のサブクラスすべての選択状態をクリアします。

  • hou.colorItemType

  • hou.copyNodesTo()

    指定したノードすべてをノード階層内の新しい場所にコピーします。

  • hou.copyNodesToClipboard()

    ノードのリストをクリップボードにコピーします。

  • hou.currentSimulation()

  • hou.defaultColor()

    特定のネットワークエレメントのデフォルトカラーを返します。

  • hou.item()

    パス文字列を指定するとNetworkMovableItemオブジェクトを返します。そのパスがアイテムを参照していなければNoneを返します。

  • hou.itemBySessionId()

    アイテムのセッションIDとアイテムタイプを指定するとNetworkMovableItemオブジェクトを返します。そのIDが有効なアイテムに該当しなければNoneを返します。

  • hou.items()

    ノードパス文字列シーケンスを受け取り、NetworkMovableItemオブジェクトのタプルを返します。

  • hou.moveNodesTo()

    指定したノードすべてをノード階層内の新しい場所に移動します。

  • hou.networkBoxBySessionId()

    ネットワークボックスのセッションIDを指定するとNetworkBoxオブジェクトを返します。そのIDが有効なネットワークボックスに該当しなければNoneを返します。

  • hou.networkDotBySessionId()

    ドットのセッションIDを指定するとNetworkDotオブジェクトを返します。そのIDが有効なドットに該当しなければ(例えばドットが削除されていた場合)Noneを返します。

  • hou.networkItemType

  • hou.node()

    パスの文字列を指定して、Nodeオブジェクトを返します。パスがノードを参照していない場合は、Noneを返します。

  • hou.nodeBySessionId()

    ノードのセッションIDを指定して、Nodeオブジェクトを返します。IDが有効なノードに一致していなければNoneを返します(例えば、ノードを削除した場合)。

  • hou.nodeConnectionBySessionId()

    ノードのセッションIDと入力インデックスを指定するとNodeConnectionオブジェクトを返します。そのIDが有効なノードに該当しなかったり(例えばノードが削除されていた場合)、指定した入力インデックスが接続されていなければNoneを返します。

  • hou.nodeEventType

    ノードで起こすことができるイベントのタイプの列挙型。

  • hou.nodeFlag

    色々なノードフラグの列挙型。

  • hou.nodeType()

    ノードタイプカテゴリオブジェクトと名前を指定するか、または可能であればカテゴリを含むノードタイプ名を指定すると、それに相当するNodeTypeオブジェクトを返します。 正確に名前を指定する必要があるので、ノードタイプのエイリアスは評価されません。エイリアスを確認するには、代わりにhou.preferredNodeType()を使用します。 その名前のタイプがなければNoneを返します。

  • hou.nodeTypeSource

    ノードタイプソースの列挙型。

  • hou.nodes()

    ノードパス文字列シーケンスを受け取り、Nodeオブジェクトのタプルを返します。

  • hou.parent()

    現行ノードの親を返します。

  • hou.pasteNodesFromClipboard()

    以前にコピーしたノードを指定したネットワークにペーストします。

  • hou.phm()

    hou.pwd().hdaModule()のショートカット。

  • hou.preferredNodeType()

    カテゴリを含んだノードタイプ名とオプションで親ノードを指定すると、エイリアスを評価した後でそれに該当するNodeTypeオブジェクトを返します。その名前のタイプが存在しなければNoneを返します。

  • hou.pwd()

    評価中のparmからコールされた場合、そのparmを含むノードを返します。それ以外の場合は、Houdiniのグローバル現行ノードを返します。この現行ノードはhou.cdで変更することができます。

  • hou.root()

    ルートノード(つまり、/)を返します。

  • hou.selectedConnections()

    選択したノード接続すべてのリストを返します。

  • hou.selectedItems()

    選択したノード、ネットワークボックス、ステッキーノート、サブネット間接入力、ネットワークドットすべてのリストを返します。

  • hou.selectedNodes()

    選択したノードすべてのリストを返します。

  • hou.setDefaultColor()

    特定のネットワークエレメントのsetDefaultカラーを設定します。

  • hou.setPwd()

    指定したノードをHoudiniの現行ノードにします。この関数はhou.cd(node.path())と同等です。

  • hou.sortedNodePaths()

    パス文字列のタプルを指定すると、入力/出力の順番で並べ替えられたパス文字列のタプルを返します。無効なノードパスは、並べ替えられたリストの一部になりません。

  • hou.sortedNodes()

    のタプルを指定すると、入力/出力の順番で並べ替えられたのタプルを返します。

  • hou.stickyNoteBySessionId()

    ステッキーノートのセッションIDを指定するとStickyNoteオブジェクトを返します。そのIDが有効なステッキーノートに該当しなければNoneを返します。

  • hou.subnetIndirectInputBySessionId()

    サブネット入力のセッションIDを指定するとSubnetIndirectInputオブジェクトを返します。そのIDが有効なサブネット入力に該当しなければ(例えば、その入力を含んだサブネットが削除されていた場合)Noneを返します。

  • hou.topCookState

    TOP Nodeクック状態の列挙値。

Node types

  • hou.NodeTypeCategory

    サーフェスノード(SOP)やダイナミクスノード(DOP)などのノードタイプのカテゴリを表現します。

  • hou.chopNetNodeTypeCategory()

    Houdiniチャンネルコンテナ(chopnet)ノード用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.chopNodeTypeCategory()

    Houdiniチャンネル(chop)ノード用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.cop2NetNodeTypeCategory()

    Houdiniコンポジットコンテナ(copnet)ノード用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.cop2NodeTypeCategory()

    Houdiniコンポジットノード(cop)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.dopNodeTypeCategory()

    Houdini ダイナミックノード(DOP)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.lopNodeTypeCategory()

    Houdiniライティングノード(LOP)のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.managerNodeTypeCategory()

    Houdiniマネージャーノード用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。Houdiniマネージャーノードとは、/obj、/out、/part、/ch、/shop、/img、/vexのことです。

  • hou.nodeTypeCategories()

    キーがカテゴリ名(例えば、"Object"、"Sop")で、値がhou.NodeTypeCategoryオブジェクトの辞書を返します。

  • hou.objNodeTypeCategory()

    Houdiniオブジェクトノード用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。例えば、/obj/modelがオブジェクトで、hou.node("/obj/model").type().category()がhou.objectNodeTypeCategory()です。

  • hou.rootNodeTypeCategory()

    Houdiniのルートノード(/)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。ルートノードのインスタンスは1つのみ存在し、独自のノードタイプカテゴリを持ちます。

  • hou.ropNodeTypeCategory()

    Houdini出力ノード(ROP)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.shopNodeTypeCategory()

    シェーダ(SHOP)ノードに相当するNodeTypeCategoryオブジェクトを返します。

  • hou.sopNodeTypeCategory()

    Houdiniジオメトリノード(SOP)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.topNodeTypeCategory()

    Houdiniタスクノード(TOP)のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.vopNetNodeTypeCategory()

    Houdini VEXビルダーコンテナノード(vopnet)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

  • hou.vopNodeTypeCategory()

    Houdini VEXビルダーノード(VOP)用のNodeTypeCategoryインスタンスを返します。

Objects

  • hou.ObjNode

    Houdiniシーン内のオブジェクトノードのインスタンス。

Organization

  • hou.NetworkBox

    ネットワークボックスを表現します。

  • hou.NodeBundle

    ノードの内容が別々のネットワークに存在するノードの名前を付けたセット。バンドルの内容は、固定またはパターンで決めます。その内容はノードタイプでフィルタリングされます。

  • hou.NodeGroup

    ノードグループを表現する。

  • hou.StickyNote

    付箋を表現します。

  • hou.addNodeBundle()

    指定した名前で新しいノードバンドルを作成します。

  • hou.nodeBundle()

    ノードのバンドル名を指定して、それに相当するNodeBundleオブジェクトを返します。その名前のバンドル名が存在しなければNoneを返します。

  • hou.nodeBundles()

    現行セッション内のノードバンドルすべてを含むタプルを返します。

  • hou.nodeTypeFilter

    利用可能なノードタイプフィルターの列挙型。

  • hou.selectedNodeBundles()

    バンドルリストペインで選択したノードバンドルすべてを含むタプルを返します。

Parameters

  • hou.Parm

    ノードのパラメータ。各パラメータは、そのノード内で固有の名前を持ち、パラメータタプル内に存在します。

  • hou.ParmTuple

    1つ以上のノードパラメータのタプル。各パラメータタプルはそのノード内で固有の名前を持ちます。

  • hou.ch()

    evalParm()と同じです。上位互換用に用意しています。

  • hou.chsop()

    ノードを参照するパラメータを評価して、ノードの絶対パスを返します。

  • hou.chsoplist()

    ノードパスリストを参照しているパラメータを評価し、スペース区切りの絶対ノードパスのリストを返します。

  • hou.contextOption()

    クックコンテキストオプションの値を返します。

  • hou.contextOptionConfig()

    UI設定のコンテキストオプションのデフォルト値を含んだ文字列を返します。

  • hou.contextOptionNames()

    利用可能なクックコンテキストオプションすべての名前を返します。

  • hou.evalParm()

    絶対パスまたは相対パスをパラメータに指定して、パラメータを評価します。相対パス検索は返されたノードが基準になります。この関数はhou.parm(path).eval()のショートカットです。

  • hou.evalParmTuple()

    絶対パスまたは相対パスをパラメータに指定して、パラメータを評価します。相対パス検索は返されたノードが基準になります。この関数はhou.parmTuple(path).eval()のショートカットです。

  • hou.evaluatingParm()

    現在評価しているパラメータを返します。

  • hou.exprLanguage

    利用可能なエクスプレッション言語の列挙型。

  • hou.fileType

    ファイルタイプの列挙型。

  • hou.hasContextOption()

    指定したオプションが現行クックコンテキストに存在すればTrueを返します。

  • hou.lvar()

    ノードのローカル変数の値を返します。ノードのパラメータ内部のエクスプレッションからこの関数をコールします。

  • hou.parm()

    パスの文字列を指定して、Parmオブジェクトを返します。パスがパラメータを参照していないならNoneを返します。

  • hou.parmBakeChop

    Bake Chopモードの列挙型。

  • hou.parmClipboardContents()

    パラメータクリップボードの内容を、コピーしたパラメータ辞書のタプルとして返します。

  • hou.parmCondType

    利用可能なパラメータ条件タイプの列挙型。

  • hou.parmExtrapolate

    キーフレーム範囲外の値を評価する時の外挿メソッドの列挙型。

  • hou.parmTuple()

    パスの文字列を指定して、ParmTupleオブジェクトを返します。パスがパラメータタプルを参照していなければ、Noneを返します。

  • hou.removeContextOption()

    クックコンテキストオプションのデフォルト値を削除します。

  • hou.scriptLanguage

    利用可能なスクリプト言語の列挙型。

  • hou.setContextOption()

    クックコンテキストオプションのデフォルト値を設定します。

  • hou.setContextOptionConfig()

    コンテキストオプションのデフォルト値のUI設定を保持するための文字列を設定します。

Parameter templates

  • hou.ButtonParmTemplate

    ボタンを含むパラメータタプルを記述します。

  • hou.DataParmTemplate

    データ値を含むパラメータタプルを記述します。

  • hou.FloatParmTemplate

    浮動小数点を含むパラメータタプルを記述します。

  • hou.FolderParmTemplate

    パラメータダイアログ内のフォルダを記述します。

  • hou.FolderSetParmTemplate

    フォルダのセットを記述します。

  • hou.IntParmTemplate

    整数値を含むパラメータタプルを記述します。

  • hou.LabelParmTemplate

    ラベルパラメータを記述します。ほとんどの他のパラメータとは異なり、ラベルはパラメータ値を格納しません。

  • hou.MenuParmTemplate

    整数値としての評価を含むメニューパラメータを記述します。StringParmTemplatesにもメニューがあることに注意してください。

  • hou.ParmTemplate

    パラメータタプル(その名前、タイプなど)を記述します。これは、パラメータテンプレートすべての基底クラスです。

  • hou.ParmTemplateGroup

    ノードのパラメータレイアウトまたはデジタルアセット定義のパラメータを表現するために使うパラメータテンプレートのグループ。

  • hou.RampParmTemplate

    ランプパラメータ用のパラメータテンプレート。

  • hou.SeparatorParmTemplate

    セパレータパラメータ用のテンプレート。セパレートとはパラメータ間の区切線のことで、パラメータ値を格納しません。

  • hou.StringParmTemplate

    文字列の値を含むパラメータタプルを記述します。これらの値は任意の文字列だったり、またはファイルやノードを参照します。

  • hou.ToggleParmTemplate

    チェックボックスを含んだパラメータタプルを記述します。

  • hou.dataParmType

    データパラメータタイプの列挙型。

  • hou.folderType

    FolderParmTemplates用のフォルダタイプの列挙型。

  • hou.menuType

    パラメータメニュータイプの列挙型。

  • hou.parmData

    パラメータデータタイプの列挙型。

  • hou.parmLook

    利用可能なパラメータの見た目の列挙型。

  • hou.parmNamingScheme

    利用可能なパラメータの命名規則の列挙型。

  • hou.parmTemplateType

    パラメータテンプレートタイプの列挙型。

  • hou.stringParmType

    文字列パラメータタイプの列挙型。

Performance

  • hou.PerfMonEvent

    パフォーマンスモニタで記録されたイベントを表現し、プロファイル用に時間とメモリの統計情報を生成するために使用します。

  • hou.PerfMonProfile

    パフォーマンスモニタプロファイルを表現します。

  • hou.PerfMonRecordOptions

    Performance Monitorで使用するオプションのセットを表現し、プロファイルで記録する統計情報のタイプを指定します。

  • hou.perfMon

    パフォーマンスモニタ関連の関数を含むモジュール。

Playbar

  • hou.fps()

    1秒あたりのフレーム数を返します。

  • hou.frame()

    プレイバーの現行フレームを返します。小数点フレームを有効にすれば、Houdiniは小数点フレームを返すことに注意してください。

  • hou.frameToTime()

    指定したフレーム値を時間の値に変換します。

  • hou.intFrame()

    プレイバーの現行フレームを一番近い整数に丸めて返します。

  • hou.playMode

    Houdiniのメインプレイバー用の再生モードの列挙型。

  • hou.playbar

    アニメーションプレイバーモジュール。

  • hou.playbarEvent

    コールバック関数でハンドリング可能なプレイバーイベントの列挙型。

  • hou.setFps()

    1秒あたりのフレーム数を設定します。

  • hou.setFrame()

    プレイバーの現行フレームを設定します。フレームが小数点の値になる場合があることに注意してください。

  • hou.setTime()

    プレイバーの時間を設定します。

  • hou.time()

    プレイバーの現行時間を再生する秒で返します。

  • hou.timeToFrame()

    指定した時間の値をフレーム値に変換します。変換結果が整数に近い場合は、丸めて整数にします。

preferences

Radial menus

Rendering

  • hou.RopNode

    レンダー出力ノードを表現します。

  • hou.renderMethod

    依存関係レンダリングメソッドの列挙型。

Scripting

  • hou.ScriptEvalContext

    これを使用することで、Pythonコードブロック内で一時的にスクリプト評価コンテキストを変更することができます。

  • hou.ShellIO

    Pythonのstdin, stdout, stderrのストリームの代わりとなるHoudini内のプロキシオブジェクト。

  • hou.decode()

    以前に暗号化した変数名またはジオメトリアトリビュート名を復元します。

  • hou.encode()

    任意の文字列を有効な変数名またはジオメトリアトリビュート名に暗号化します。

  • hou.expandString()

    現行フレームでの文字列内のグローバル変数とエクスプレッションを展開します。

  • hou.expandStringAtFrame()

    指定したフレームでの文字列内のグローバル変数とエクスプレッションを展開します。

  • hou.expressionGlobals()

    パラメータエクスプレッション評価ネームスペースで使用するグローバル辞書を返します。

  • hou.getenv()

    指定したHoudini環境変数の値を返します。

  • hou.helpServerUrl()

    すべてのHoudiniヘルプページのベースのURLを返します。

  • hou.hscript()

    HScriptコマンドを実行します。

  • hou.hscriptCommandHelp()

    HScriptコマンドのテキストヘルプを返します。この関数はPythonでHScriptコマンドを再実装するのに使われます。

  • hou.hscriptExpandString()

    廃止予定: expandStringを使用してください。

  • hou.hscriptExpression()

    HScriptエクスプレッションを評価します。

  • hou.hscriptFloatExpression()

    HScriptエクスプレッションをfloatとして評価します。

  • hou.hscriptMatrixExpression()

    HScriptエクスプレッションをmatrixとして評価します。

  • hou.hscriptStringExpression()

    HScriptエクスプレッションをfloatとして評価します。

  • hou.hscriptVectorExpression()

    HScriptエクスプレッションをvectorとして評価します。

  • hou.incrementNumberedString()

    文字列の数値を増分させたり、文字列に数値を追加します。

  • hou.putenv()

    指定したHoudini環境変数の値を設定します。

  • hou.unsetenv()

    指定したHoudini環境変数の設定を解除します。

Shading

  • hou.Gallery

    オペレータノードを事前定義した値に設定可能なギャラリーエントリーのコレクション。

  • hou.GalleryEntry

    オペレータノードを事前定義した値に設定可能なギャラリーエントリー。

  • hou.ShopNode

    HoudiniのSHOPノードすべての基底クラス。このクラスのインスタンスが、まさにHoudini内のノードのインスタンスに相当します。

  • hou.StyleSheet

    Houdiniスタイルシートを表現したクラス。このクラスを使用して、スタイルシートの出力を評価、テスト、デバッグすることができます。

  • hou.galleries

    ギャラリーとそのエントリーを管理するためのモジュール。

  • hou.properties

    標準のレンダープロパティにアクセスするためのモジュール。

  • hou.shaderType

    SHOPシェーダタイプの列挙型。

  • hou.styles

    HIPファイルに保存されているスタイルシートを管理するためのモジュール。

Shelf

  • hou.Shelf

    シェルフツールのタブを表現します。

  • hou.ShelfDock

    画面上部にあるシェルフ領域を表現します。そこにはシェルフセットとシェルフタブが存在します。

  • hou.ShelfElement

    シェルフツール、シェルフタブ、シェルフセットのスーパークラス。

  • hou.ShelfSet

    シェルフタブのコレクションを表現します。

  • hou.Tool

    シェルフ上のツールを表現します。これは、スクリプトだけでなくラベルや他の情報もカプセル化します。

  • hou.shelves

    シェルフタブとシェルフツールを扱うための関数が含まれています。

solaris

  • hou.LopInstanceIdRule

    IDによってポイントインスタンサープリミティブからインスタンスを選択するためのパターンを表現した文字列を格納します。

  • hou.LopLockedStage

    LOPノードで作成されたUSDステージの存続期間を保証します。

  • hou.LopViewportLoadMasks

    ビューポート内に読み込みたいUSDステージのペイロードの記述を保存します。

  • hou.LopViewportOverrides

    現在のLOPノードのシーングラフに適用されている現行セッションオーバーレイレイヤーを編集する際に使用します。

  • hou.lopTraversalDemands

    USDシーングラフの走査中に包含/除外するプリミティブを指定します。

  • hou.lopViewportOverridesLayer

    オブジェクトで利用可能な色々なpxr.Sdf.Layerオブジェクトを選択します。

Takes

UI

  • hou.DataTree

    Data Treeペインタブを表現します。

  • hou.Desktop

    Houdiniデスクトップ(ペインレイアウト)を表現したクラス。

  • hou.Dialog

    Houdiniダイアログを意味するクラス。

  • hou.FloatingPanel

    1つ以上のペインを含んだフローティングウィンドウ。

  • hou.HelpBrowser

    ヘルプブラウザペインタブを表現したクラス。ヘルプブラウザを制御するためのメソッドが用意されています。

  • hou.IPRViewer

    インタラクティブプレビューレンダー(IPR)ウィンドウ。

  • hou.NetworkAnimValue

    大元のノードデータを変更することなくネットワークエディタの外観を調整する値。

  • hou.NetworkEditor

    Network Editorペインタブを表現します。

  • hou.NetworkFootprint

    ネットワークエディタペイン内のノードに対して表示されるフットプリントリング下の状態について記述します。

  • hou.NetworkImage

    ネットワークエディタペインに表示できる背景画像について記述します。

  • hou.NetworkShape

    ネットワークエディタ内に描画可能な特別シェイプの基本クラス。

  • hou.NetworkShapeBox

    ネットワークエディタ内に描画可能な矩形領域について記述します。

  • hou.NetworkShapeConnection

    ネットワークエディタ内に描画可能なワイヤーについて記述します。

  • hou.NetworkShapeLine

    ネットワークエディタ内に描画可能なラインについて記述します。

  • hou.NetworkShapeNodeShape

    ネットワークエディタ内に描画可能なノード形状について記述します。

  • hou.Pane

    1つ以上のペインタブを含むデスクトップの矩形領域。

  • hou.PaneTab

    デスクトップペイン内のタブの1つ。

  • hou.ParameterEditor

    Parameter Editorペインタブを表現します。

  • hou.PathBasedPaneTab

  • hou.PerformanceMonitor

    Performance Monitorペインタブを表現します。

  • hou.PythonPanel

    組み込まれたPySideまたはPyQtインターフェースを表示可能なペインを意味するクラス。

  • hou.PythonPanelInterface

    Pythonパネルインターフェースの定義を表現します。

  • hou.confirmType

    確認ダイアログの抑制オプションの列挙型。

  • hou.drawableDisplayMode

    描画可能な表示モードの列挙型。

  • hou.drawableGeometryPointStyle

    で使用する描画するポイントのスタイルを指定した列挙値。

  • hou.drawablePrimitive

    描画可能なプリミティブタイプの列挙型。

  • hou.drawableTextOrigin

    テキストの境界ボックス内の参照点を指定したで使用する列挙値。

  • hou.fileChooserMode

    ファイル選択用の読/書モードの列挙型。

  • hou.isUIAvailable()

    hou.uiモジュールが利用可能かどうか返します。

  • hou.paneLinkType

    可能なペインリンク値の列挙型。

  • hou.paneTabType

    ペインタブタイプの列挙型。

  • hou.parmFilterCriteria

    パラメータフィルタ基準の列挙値。

  • hou.parmFilterMode

    パラメータフィルタモードの列挙値。

  • hou.perfMonObjectView

    Performance Monitorペインタブ内のオブジェクトを閲覧するために使用する異なる構造の列挙型。

  • hou.perfMonTimeFormat

    Performance Monitorペインタブの時間を閲覧する時に使用する異なるフォーマットの列挙型。

  • hou.perfMonTimeUnit

    Performance Monitorペインタブで時間を表示する時に使用される異なる単位の列挙値。

  • hou.pypanel

    Pythonパネル関連の関数を含んだモジュール。

  • hou.qt

    Qt関連の関数を含んだモジュール。

  • hou.qt.ColorField

    カラー入力のウィジェット

  • hou.qt.ColorPalette

    カスタマイズ可能なカラーパレットのカラー選択用ウィジェット。

  • hou.qt.ColorSwatchButton

    Houdiniスタイルでカラー選択に使用するボタン。

  • hou.qt.ComboBox

    Houdiniスタイルのスクロール不可のコンボボックス(メニューボタンとメニュー)。

  • hou.qt.Dialog

    Houdiniスタイルの単純なダイアログ。

  • hou.qt.FieldLabel

    入力フィールドの単純なラベル。

  • hou.qt.FileChooserButton

    クリックするとHoudiniファイル選択ダイアログが開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.GridLayout

    対応しているどのプラットフォームでも同じスタイルになるレイアウトプロパティを持ったHoudini UI特有のグリッドレイアウト。

  • hou.qt.HelpButton

    クリックするとヘルプページを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.Icon

    Houdiniアイコン名から生成されたアイコン。

  • hou.qt.InputField

    整数、float、文字列のどれかを格納したテキストフィールド(1から4)のベクトル。

  • hou.qt.ListEditor

    文字列のリストをカスタマイズするためのウィジェット。

  • hou.qt.Menu

    Houdiniスタイルのメニュー。

  • hou.qt.MenuBar

    Houdiniスタイルのメニューバー。

  • hou.qt.MenuButton

    クリックするとドロップダウンメニューを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.NodeChooserButton

    クリックするとHoudiniノード選択ダイアログを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.ParmChooserButton

    クリックするとHoudiniパラメータ選択ダイアログを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.ParmTupleChooserButton

    クリックするとHoudiniパラメータタプル選択ダイアログを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.Separator

    Houdiniスタイルの単純なセパレータウィジェット。

  • hou.qt.ToolTip

    マウスカーソルを置くとツールチップを表示するHoudiniスタイルのツールチップウィンドウ。

  • hou.qt.TrackChooserButton

    クリックするとHoudiniトラック選択ダイアログを開くHoudiniスタイルのボタン。

  • hou.qt.Window

    Houdiniスタイルの汎用ウィンドウ。

  • hou.qt.editList()

    編集された文字列リストを返します。

  • hou.qt.fromQColor()

    指定したQColorをHOMカラーとアルファ値に変換します。

  • hou.qt.getColor()

    指定したHoudiniリソースカラーのQColorオブジェクトを返します。

  • hou.qt.getCursor()

    HoudiniカーソルのQCursorオブジェクトを返します。

  • hou.qt.inchesToPixels()

    QtとHoudiniの両方のDPI設定を考慮して、インチをピクセルに変換します。

  • hou.qt.mainWindow()

    メインのHoudiniウィンドウを表現したQWidgetインスタンスを返します。

  • hou.qt.mimeType

    ドラッグアンドドロップ操作でデータを識別する際に使用するHoudiniのMIMEタイプの列挙値。

  • hou.qt.pixelsToInches()

    QtとHoudiniの両方のDPI設定を考慮して、ピクセルをインチに変換します。

  • hou.qt.qtKeyToString()

    Qt修飾子とキーイベントのテキストと一緒にQtキーをUI表示に適した、または、ホットキーマネージャに渡す文字列に変換します。

  • hou.qt.qtKeyToUIKey()

    Qt修飾子と一緒にQtキーを可能であればUIキーとUI修飾子に変換します。

  • hou.qt.selectColorFromPalette()

    カラーパレットから選択されたQColor値を返します。

  • hou.qt.skipClosingMenusForCurrentButtonPress()

    現在のマウスボタンイベントのメニューの自動クローズを無効にします。

  • hou.qt.styleSheet()

    Houdiniスタイルシートを返します。

  • hou.qt.toQColor()

    指定したHOMカラーとアルファ値をQColorに変換します。

  • hou.scrollPosition

    スクロールポジションモードの列挙値。

  • hou.secureSelectionOption

    Viewerステートセレクタで使用するSecure選択オプションの列挙値。

  • hou.severityType

    ダイアログメッセージの重要度の列挙型。

  • hou.stateGenerateMode

    状況によって変更可能なノード生成モードの列挙型。

  • hou.stateViewerType

    state viewerタイプの列挙。

  • hou.triggerSelectorAction

    を使ってトリガーさせた場合にステートセレクターが実行できるアクションのタイプを表現した列挙値。

  • hou.ui

    ユーザインターフェースに関連した関数を含むモジュール。

  • hou.uiEventReason

    Houdiniが特定のUIイベントを生成した理由を表現した値。

  • hou.uiEventValueType

    UIイベント値タイプの列挙型。

  • hou.valueLadderDataType

    バリューラダーで制御可能な別データタイプの列挙型。

  • hou.valueLadderType

    異なるバリューラダータイプの列挙型。

  • hou.viewerStateEventMessage

    コールバック関数で制御可能なViewer Stateイベントの列挙値。

Utility

  • hou.BoundingBox

    XYZ軸に平行な3D矩形領域。

  • hou.BoundingRect

    軸に平行な2D矩形領域。

  • hou.Color

    カラー値を表現します。

  • hou.LopSelectionRule

    シーングラフプリミティブの選択を作成する方法を定義した一連のルールを保存します。

  • hou.Matrix2

    浮動小数点の2×2のマトリックス。

  • hou.Matrix3

    浮動小数点の3×3のマトリックス。

  • hou.Matrix4

    浮動小数点の4×4のマトリックス。

  • hou.OrientedBoundingBox

    指向性のある3D矩形領域。

  • hou.OrientedBoundingRect

    方向付きの2D矩形領域。

  • hou.Quaternion

    3D回転(または方向)の表現。2つのクォータニオン間を補間することで2つの回転値を滑らかに補間することができます。

  • hou.Ramp

    浮動小数点の値またはカラーのどれかを生成する関数を表現するランプ。この関数が0.0と1.0の間で評価されて、関数の形状が0.0と1.0の間のキーの位置での値で決まります。

  • hou.ShopNodeType

    この種のNodeTypeにはSHOPノード固有のアトリビュートが追加されています。

  • hou.Vector2

    数学的演算に関連した2つの浮動小数点の値のシーケンス。

  • hou.Vector3

    数学的演算に関連した3つの浮動小数点の値のシーケンス。

  • hou.Vector4

    数学的演算に関連した4つの浮動小数点の値のシーケンス。

  • hou.VopNodeType

    この種類のNodeTypeには、VOPノード固有の特別なアトリビュートが含まれています。

  • hou.colorType

    カラー空間の列挙型。

  • hou.compressionType

    圧縮タイプの列挙型。

  • hou.lop

    Houdini LOPノード関連の関数を含んだモジュール。

  • hou.rampBasis

    ランプの補間タイプの列挙型。

  • hou.rampParmType

    ランプタイプの列挙型。

  • hou.text

    Houdini固有の文字列制御系メソッドを含んだモジュール。

VEX

  • hou.VexContext

    VEX/VOPコンテキストを表現します。別のコンテキストでは、別の関数/VOPsを使用することができます。

  • hou.VopNode

    VOP(VEXオペレータ)ノードを表現します。

  • hou.runVex()

    コンパイルされたVEXファイル内のメイン関数を呼び出し、そのエクスポート値を返します。

  • hou.vexContextForNodeTypeCategory()

    NodeTypeCategoryオブジェクトを受け取り、このノードに含まれているVOPネットワークのコンテキストを表現したVexContextオブジェクトを返します。

  • hou.vexContextForShaderType()

  • hou.vexContexts()

  • hou.vopParmGenType

    VOPノードの入力に対して作成可能な色々なノード構成の列挙型。

Views

viewer

widgets